ポスター

環境試験設備等の運営・利用拡大事業における官民連携の取り組み

  JAXAは、これまで宇宙開発に必須である環境試験設備を筑波宇宙センター内に保有・維持し、宇宙開発に貢献してきましたが、今後もこれらの設備を効率的かつ確実に維持するとともに、環境試験に関わる技術・設備を宇宙開発のみならず、産業界へ利用拡大することを目指し、民間活力を用いた官民連携的手法により環境試験設備等の維持・運営及び運転ならびに利用拡大事業を実施します。なお、本事業の実施に際し、JAXA初の試みとして、設備等の所有権をJAXAが有したまま運営権を民間事業者に設定する、PFIコンセッション方式的手法を導入しました。

 ・契約形態実施
 ・事業スキーム

事業概要
 事業名:環境試験設備等の運営・利用拡大事業
 事業期間:2020年4月1日〜2025年3月31日(約5年間)
 民間事業者:株式会社エイ・イー・エス
 事業内容:JAXAは民間事業者に対し、環境試験設備等の貸付けないしは利用権の
      付与を行い、民間事業者はこれらの設備等について以下の業務を実施
      (1)運営業務 設備等の管理及び保全・運転に関する業務
      (2)利用拡大業務 設備等の利用拡大に関する業務(外部試験、新規事業含む)
 要求形態:性能要求(保守)
 導入背景:近年、民間企業の参入により宙産業市場が活性化してきており、宇宙関連企業に
      おける自社試験設備の保有や、ベンチャー企業による宇宙開発等も顕在化
      しています。また、宇宙産業界以外の一般産業界におけるJAXA試験設備の利用も
      増加しています。この現状を踏まえ、JAXAは環境試験に関わる技術・設備の一般
      産業界への更なる利用拡大・還元を目指し、本事業をコンセッション方式的手法
      により実施するに至ったものです。

 事業内容に関するお問い合わせ先:JAXA 環境試験技術ユニットPPP事業推進チーム
MAIL:ppp-team[a]ml.jaxa.jp ※[a]を@に変更してください。

 環境試験設備利用に関するお問合わせ先:株式会社エイ・イー・エス
MAIL:tfcd_rikatsu[a]aes.co.jp ※[a]を@に変更してください。
URL : http://www.aes.co.jp/rikatsu/utilization/index.html

 ・事業対象設備
 ・事業対象建屋・敷地

最新情報

  2020年  4月  1日 株式会社エイ・イー・エスと「環境試験設備等の運営・利用拡大事業」契約を締結
・事業契約書(PDF)

  2020年  2月28日 開札
  2019年12月24日 入札公告終了
  2019年12月13日 入札説明会実施
  2019年11月27日 入札公告開始

  2019年11月13日 対話の実施状況及び対話の終了
・環境試験設備等の運営・利用拡大事業に係る対話の実施状況及び対話の終了について
・別紙-1 対話における質問及び回答
・別紙-2 検討スケジュール


  2019年 9月13日 検討状況の二次公表
・民間活力を用いた環境試験設備等の運営・利用拡大事業に係わる検討状況の二次公表
・別添1 事業契約書(案)
・別添2 要求水準書(案)
・別添3 モニタリング基本計画書(案)
・別添4 リスク分担表(案)


  2019年 2月20日 整理・検討状況の中間公表
・環境試験設備の維持・運営の民営化に係る情報提供要請回答を踏まえた整理・検討状況の中間公表
・【様式1】 情報提供伺い書


  2018年12月 6日 情報提供要請回答の公表
・環境試験設備の維持・運営の民営化に係る情報提供要請回答の公表について


  2018年 9月21日 情報提供要請
・環境試験設備の維持・運営の民営化に係る情報提供要請(RFI: Request for Information)
・別紙-1 事業概要
・別紙-2 情報提供書(テンプレート)
・別紙-3 事業概要(補足)