ポスター

宇宙インフラ(宇宙環境試験設備)の運営・利用拡大事業構想!!


    環境試験技術ユニットが筑波宇宙センターに保有する環境試験設備について、広く民間事業者に
    利用頂くこと等を目的に、PPP的手法による維持・運営の新事業構想を検討中です。
    背景として、近年、民間企業により宇宙産業が活発化し、加えて宇宙産業界以外の企業による
    環境試験設備の利用が増加していること。また国の指針として、新たな事業機会の創出と民間
    投資による経済成長の実現を目的に、民間の創意工夫等を活用したPPP/PFI手法を推進している
    こと等が挙げられます。
    今回、新事業構想を民間の皆さま(民間事業者)と共有し、必要となる前提条件や提供可能な
    サービス内容等について情報収集し、今後予定している募集の検討材料と 致したく、広く意見を
    募集します。ご興味をお示し頂ける場合は、下記宛にご連絡頂きますようお願いいたします。
    なお、詳細につきましては、下記URLをご参照下さい。

環境試験設備の維持・運営の民営化に係る情報提供要請(RFI: Request for Information)

事業概要

環境試験設備の維持・運営の民営化に係る情報提供要請回答の公表について

環境試験設備の維持・運営の民営化に係る情報提供要請回答を踏まえた整理・検討状況の中間公表